選日

  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび/いちりゅうまんばいにち)

    「一粒万倍」とは、一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるため凶とされる。また同じ意味合いで、借りを作る、失言をする、他人を攻撃する、浪費などもトラブルが倍増するため避けるべきとされている。一粒万倍日は数が多いことから他の暦注と重なる場合がある。その場合は吉日と重なると一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なると半減するという。
  • 不成就日(ふじょうじゅび/ふじょうじゅにち)

    何事も成就しない日とされ、結婚・開店・子供の命名・移転・契約・芸事始め・願い事など、事を起こすことが凶とされる。
  • 八専(はっせん)

    何事も上手く行かない凶日とされている。間日(まび)は十方暮とは異なり、八専の影響は受けないとされている。
  • 十方暮(じっぽうぐれ)

    この期間は、天地の気が相剋して、万事うまく行かない凶日とされている。
  • 天一天上(てんいちてんじょう)

    この期間は天一神の祟りはなくなる。天一天上の期間は天一神の祟りはないが、その代わりに日遊神が地上に降りて家の中に留まるため、この期間は家の中を清潔にしなければ日遊神の祟りがあるとされている。
  • 三隣亡(さんりんぼう)

    棟上げなど建築に関することの凶日とされ、建築関係の行為は避けられることが少なくない。
  • 三伏(さんぷく)

    三伏(さんぷく)とは、初伏(しょふく)、中伏(ちゅうふく)、末伏(まっぷく)の総称で、選日の1つ。種蒔き、療養、遠行、男女和合など、全て慎むべき日とされている。
  • 犯土(つち/ぼんど)

    庚午(甲子から数えて7番目)から丙子(13番目)までの7日間を大犯土(おおづち、大土)、戊寅(15番目)から甲申(21番目)までの7日間を小犯土(こづち、小土)という。その間の丁丑(14番目)を間日(まび)、犯土間日(つちまび)、中犯土(なかづち)といい、この日は犯土には含まれない。あるいは犯土には含まれても犯土の禁忌は存在しない。犯土期間には土公神(どくじん)が本宮、あるいは土中にいるため土を犯してはならない。穴掘り、井戸掘り、種蒔き、土木工事、伐採など土いじりは全て慎むべきとされている。特に地鎮祭等の建築儀礼には凶日とされる。
  • 臘日(ろうにち/ろうじつ)

    「臘」とは「繋ぎ合わせる」という意味で、新年と旧年の境目となる旧暦12月を「臘月」ともいう。元々は「臘祭」という中国の習慣で、年末に神と祖先の祭祀を一緒に行うという物であった。「臘」は「猟」に通じ、猟をして捕えた獣を祭壇に供えた。日本にはこの習慣は伝わらず、臘日は単なる暦注の一つとなっている。しかしその吉凶には諸説あり、採用していない暦も多い。この日を年の暮れとして大祓を行うこともあり、そこから大晦日のことを臘日と呼ぶこともある。
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「一粒万倍日」「不成就日」「八専」「十方暮」「天一神」「三隣亡」「三伏」「犯土」「臘日」を素材として二次利用しています。